旅先案内人 ホーム »2015年05月
2015年05月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

神戸旅行 1日目 第2弾  

ブログ更新、どうしても週に1回のペースになってしまいます(汗


続いて、夕方からの記事です。

こうべ

こうべ2

ポートタワーからの日没前の景色と

こうべ5

こうべ4

こうべ3

夜景です。

3枚目は、オレンジに輝くポートタワーのアップ(^^ゞ

100万ドルまではいきません。

上手く撮れなかったせいもあり、10ドルくらいです(苦笑


そして夕食は、とても大好きなステーキを!!ヽ(゚∀゚*)ノ

こうべ牛

200グラムのステーキと、サラダ、スープ、飲み物、ライスで、2,680円。

  http://r.gnavi.co.jp/k205300/


以上、1日目が終了。


2日目の記事は、また後日アップします(^^ゞ
スポンサーサイト

category: 関西

thread: 国内旅行記

janre: 旅行

tag: 100万ドル  夜景  神戸牛 
tb: 0   cm: 0

神戸旅行 1日目 第1弾  

関西は、実は、父の実家が奈良県のため、

幼少の頃から親しみがあります。

そのため、これから多くの情報を提供できると思います。


さて今回は、神戸に旅したことをアップ致します。

関西は親しみがあると言いましたが、

実は兵庫・神戸へ足を伸ばすことは、ほとんどありませんでした(^^;



では、数年前の4月のことです。

P4040006 (2)
新幹線、新神戸駅で降りましたが、

ホームはひんやりして、山だからかな・・・と思いましたが、

市内も寒かったです(苦笑


まずは旧外国人居留地を。

今は、企業やショップなどが入っていますが、

異国情緒あふれるレトロな建物は、風情があり、好きになりました。

P4040010 (2)
大丸神戸店。旧居留地のシンボル的存在です。


P4040013 (2)
旧居留地38番館。大丸別館になっています。昭和4年築。


P4040018 (2)
旧居留地15番館。アメリカ領事館として使用されていたこともありました。

震災で、ほぼ全壊したようですが、見事復活しました。


P4040027 (2)
商船三井ビル (旧大阪商船神戸支店) です。大正11年築。



そして、少し歩いて、港のほうへ・・。

P4040030 (2)
大震災の爪痕を、そのまま残してあります。


P4040034 (2)
メリケン波止場を歩き、港神戸のシンボル、ポートタワーに上りました。

P4040045 (2)


とりあえず、1日目はここまでです。

category: 関西

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tag: 神戸    旧外国人居留地  異国情緒  メリケン波止場  ポートタワー 
tb: 0   cm: 0

放し飼いの楽園「サユリワールド」 第3弾  

第3弾(ラスト)です。

サユリワールド14000

キリンを正面から。

サユリワールド16000

寝そべるカンガルーもみんなから可愛がられていました♪

至ってのどかですね。

サユリワールド15000

うさぎは、とても人懐っこく、エサを求めに寄り添ってきます。

サユリワールド17000
サユリワールド18000

人気者のレッサーパンダです。

サユリワールド19000
サユリワールド20T000

再び、園内の様子。

動物たちが人間と同化しています。

サユリワールド21000
サユリワールド23000

可愛いカピバラさんの写真を2枚。

サユリワールド22000

最後は、人間用の檻(笑


エサを求めて追いかけている動物に対する避難場所のようです(^^ゞ


以上、2時間ほどの滞在でしたが、


草食系の動物たちばかりなので、とても安心して散策が出来ます。

これぞ平和の地という感じで、非日常を味わえました♪


帰りは、アクアライン、非常に混雑していて、

横浜到着は16時40分予定が、17時45分。


行楽期のバス利用は、くれぐれも、時間に余裕がある時に利用することをお勧めいたします。

category: 関東

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tag: 放し飼い  市原  サユリワールド  千葉  動物 
tb: 0   cm: 0

放し飼いの楽園「サユリワールド」 第2弾  

第2弾は、再び、カピバラさんからです。


カピバラ1

ホントもう、おとなしくて、癒されます♪

サユリワールド4000

ウサギもこの時は片隅でかたまっていました。


サユリワールド5000


サユリワールド6000

檻の中のキツネザルとビントロングです。

人間も、檻の中に入って、触合うことが出来るのです。


サユリワールド7000

動物たちが園内を闊歩しています。


サユリワールド8000


サユリワールド12000

やー、動物たちとこうやって触れ合えるのは、素晴らしいです♪


サユリワールド13000

檻の中に人間が居て、それを眺める動物(笑

逆転現象が起こる場所です(笑


今回は、ここまでです。

category: 関東

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tag: 千葉  市原  サユリワールド  楽園  離し飼い  動物 
tb: 0   cm: 0

放し飼いの楽園「サユリワールド」 第1弾  

 ぜひ行きたいと思っていて、

 このGWの4日目、やっと行くことが出来ました。

 千葉県は房総の「サユリワールド」です。

 サイトです ↓
 http://www.zounokuni.com/sayuri/

 ここは「市原ぞうの国」がメインなのですが、今回は、サユリワールドだけにしました。


 日帰りでしたが、写真が多いので、

 数回に分けてアップ致します。



 まず、行くまでのルートは、横浜駅東口から高速バスで、

 市原鶴舞バスターミナルへ。

 GW中は、アクアラインがとても混むので、時間に余裕がない方は、

 千葉経由で、鉄道を利用することをお勧めというか、

 帰りは、1時間以上遅れましたので、鉄路利用必須です!


 さて、バス停から、無料送迎車に乗り、10分ほどで現地に着きます。

 
 行きは、約2時間半で着き、運賃は計1,800円でした。


 さて、12時頃に着いたのですが、とてもお腹が空き、

 
 ちょうど入り口に食べる場所があったので、すぐに利用しました。

 ラーメン1000


ラーメン2000
 
 なんという絶妙なタイミング。

 更に、食べたラーメンも、辛ネギがとても良く、実に美味しかったです!

 850円でも、けっして高くないと感じました♪


 入場券を買って入ろうとしましたが、一応制限があって、15分ほど待ってから入場です。

 サユリワールド入り口2000


サユリワールド入り口000

 メルヘンチックな券売所と入り口です。


サユリワールド1000

 入ると、スタッフから簡単な説明があり、キリンの居る場所まで案内されました。

サユリワールド3000

 うわさには聞いていましたが、見事な放し飼い

 サユリワールド2000

 いきなり、カピバラさんですが、地べたに普通に寝ています。


 今回は、ここまでです。


人気ブログランキングへ

category: 関東

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tag: 放し飼い  楽園  サユリワールド  市原  千葉  動物 
tb: 0   cm: 0

三浦半島・城ヶ島  

今回も日帰りの旅です。


これも数年前のことになりますが、

4月のある晴れた週末、神奈川県は三浦半島城ヶ島へ行きました。

訪れたのは、確か初めてです。


京急の終点 三崎口まで行き、品川駅で購入したフリーパスで、移動しました。

まさに「岬めぐり」の世界です(笑


昼に着いたので、

バスで向かった三崎港で、回転すしを食べました。

さすが美味しかったですね♪

写真は、忘れました(^^ゞ

港

代わりに、港の写真です。


ここからまたバスに乗り、城ヶ島へ。


白秋碑前バス停から赤羽根海岸へ向かい、降りて、海を撮りました。

意外と波があり、怖かったです(苦笑


海

これは、望遠レンズで撮りました。


そして、トイレも水飲み場も無い、舗装されていない道を歩き続けました。


馬の背

すると、馬の背洞門という長年の波や風雨によって形づくられた岩? がありました。

今も浸食が進んでいるようですね。

馬の背1

上から見ると、こんな感じでした。

迫力があります。


また歩き続けました。

城ヶ島灯台

30分ほど歩くと、城ヶ島灯台があります。

奇岩

城ヶ島京急ホテルを通り過ぎると、上のような奇岩群がありました。

四国・高知県の竜串海岸を思い出しました。。。
  http://domestic.travel.yahoo.co.jp/bin/tifdetail?no=jtba4503180


そして、城ヶ島バス停から、三崎口へ戻り、帰りました。


天気が良い日は、旅をするに限りますね♪

category: 関東

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tag: 三浦半島  城ヶ島 
tb: 0   cm: 0

秩父 日帰り旅行  

 数年前、ブログ仲間Wさんと、

 埼玉の秩父へ行きました。
 
 目的は、秩父鉄道のSL撮影と乗車。

 そして、羊山公園の芝桜の見物です。

 私がこのSLに乗るのは、2度目です。

 秩父鉄道「SLパレオエクスプレス」のサイトです ↓
  http://www.chichibu-railway.co.jp/slpaleo/

 2015年現在も、しっかり走っています。 


 まず、西武池袋で待ち合わせて、

 特急レッドアロー号で西武秩父へ向かいました。


 まずは、下り 三峰口行きのSLの撮影。

SL100.jpg

 うーむ、鉄道写真は、難しいです(^^ゞ

 サイズは、かなり加工しています(苦笑

 でも、迫力十分でした♪


 そして、秩父 羊山公園の芝桜を見に行きました。

 急な坂道を登り、息も絶え絶えでしたが(苦笑、

 とても素晴らしい芝桜でした♪


 さすがに人が多かったです(^^ゞ

 秩父観光のホームページです ↓
 
  http://www.chichibuji.gr.jp/

 では、

 ド━━━ヽ(・∀・` )ノ━━ン!! 

 と、7枚一気にアップします。

芝桜1

芝桜2

芝桜3

芝桜4

芝桜5

芝桜6

芝桜7

 これは、初めて見ましたが、良かったですね♪

 Wさんの提案でした。ありがとうございました(^^)


 そして、秩父鉄道、御花畑駅から、いよいよSLの乗車。

 自由席でしたが、運よく座ることが出来ました。

 Wさん、行動が実に素早いです!


 Wさんとは、長瀞駅で別れました。

 私は、長瀞駅でのSLを撮るため、Wさんは、このSLの情緒に終点まで浸っていたかった・・・

 というのが理由です(^^ゞ

 で、長瀞駅でのSL。

SL200.jpg

 これも、サイズは、かなり加工しています(苦笑 


 長瀞で岩畳みを見たり、ソフトクリームを食べたりした後、

 寄居から、東武東上線で、帰りました。


 とても楽しかったです。

 今年の桜は、もう終わってしまいましたね。

 来年にでも、また行ければ・・・と思います。

 All Photo by Sony α300




かんたんストーリー7のHDフォトブック




category: 関東

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: --   cm: 0

福井旅行記  第3弾  

 第3弾は、一気に最後まで行きますので、内容が長く、写真も大量です。

       ホテル

 宿泊ホテルは、豪華な感じでした。

 部屋は、普通のシングルでしたが(^^;

 
 で、朝、カーテンを開けると、曇り空。

 4連休の内、なぜこの日だけ雨なのでしょう・・。


 と言っても、予定は変更できないので、曇り空の中、バスで一乗谷へ向かいました。 

 一乗谷は、戦国時代、織田信長に侵攻されるまで、

 朝倉氏五代が103年間にわたって越前の国を支配した城下町です。

       遺跡入り口
       町並み2
       町並み
茶屋

 まずは、復原町並。

 武家屋敷と町屋の町並みが復原されています。

 入り口の茶屋では、串団子を食べました♪
 
       唐門
       唐門2
       遺跡2
       遺跡

 そして、朝倉館跡・庭園の唐門です。
 
 中は、館と庭園の跡が残っているだけでした。。

       里1
       里2
       唐門1

 この一乗谷で印象的だったのは、若葉の緑。

 中心を流れるとても綺麗な一乗谷川とともに、山里の雰囲気を味わうことができました。

       こいのぼり2
       こいのぼり

 ディーゼル列車のJR越美北線に乗り、越前大野まで行きましたが、既に雨が降っていました。

 すぐさま、バスで勝山へ向かい、えちぜん鉄道に乗るまでに待ち時間が40分ほどあったので、

 九頭竜川を見物。

 こいのぼりが泳いでいました。


 そして、えちぜん鉄道では、昨日と同じアテンダントさんに会いました。

 運命を感じました(爆


 天気が悪いので、永平寺は通過しました。

       かにめし2
       かにめし

 名古屋周りで、東京へ向かう特急「しらさぎ」の車内では、駅弁かにめしを食べました♪

 少しピンボケですね(^^;

       ドリームなごや

 名古屋で軽く食事をした後、夜行バスで、東京へ戻りました。


 JRハイウェイバス、ドリーム名古屋4号。 

 この日は、なんと4号車まで出るほど利用客が多かったです。

 写真は、朝6時10分に東京駅八重洲口に着いたバスです。

 座席は、2号車の一番先頭で、とても快適だったので、

 気づいたら都内の高速を走っていた・・・というほど、よく眠れました。

 夜行高速バスは、今では欠かせない旅の移動手段であることは間違いないです!


 これで、旅行記は、一旦終わりです。

category: 北陸

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

写真整理ツール

カウンター

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。